• ホーム
  • 勃起障害に年齢は関係ない?

勃起障害に年齢は関係ない?

2019年09月01日
薬を飲む男性

基本的に、勃起障害に年齢は関係ありません。
勃起障害の原因はいくつかに分かれていますが、中には先天的な要因によって勃起障害を引き起こしている人もいます。
こういう人は、生まれてから一度も勃起をしたことがない人でもあるので年齢は関係なく若いときから障害になってしまう可能性はあります。

そして、年齢を重ねた後に生じる障害に関しても原因はいくつかあるためその要因に合致した状況になると自然と勃起することが出来なくなります。
大人になってから勃起障害になる大きな理由は、精神的なものと肉体的な老化の二つがあります。

人間は、日常生活のストレスによって疲れが溜まってくると勃起をする力がなくなってしまいます。
これには、勃起のメカニズムが関係しています。
一般的に、勃起をする時には陰茎海綿体に血液が流れていくのですが疲れが溜まってしまうとこの血液の流れが悪くなってしまうのです。
そのため、ストレスが溜まって身体が疲れてくると自然と勃起不全になります。

そして、肉体的な原因で勃起障害になってしまうのも同じ理由だと言えます。
肉体的な衰えが進んでいくと、代謝機能が低下してしまうので血液の流れが自然tの悪くなります。
血液の流れが悪くなると陰茎海綿体に血液が上手く流れなくなるので、やはり勃起不全となります。

このように、勃起になる原因はいくつかに分かれていますがはっきりと要因が解明されているものがほとんどです。
実際に、治療をするための薬も開発されており日本国内でも病院に行けば処方してもらうことが可能です。
薬が欲しいときには来院をして問診を受けることで欲しいED治療薬を受け取ることが出来るため、勃起障害で悩んでいる人は病院で相談することが大切です。